株式会社ダイズ

スタッフ紹介

株式会社ダイズ・川越

一度きりの人生、後悔したくないから
好きなことを仕事に

アシスタントディレクター 稲垣里彩

「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」
これはガンジーの名言で、私が一番好きな言葉でもあります。
一日一日を全力で生き、そして常に学ぶ姿勢を持ち続ける、という風に私は解釈し、
人生のモットーとして生きています。
私がこの業界を目指したのは、正直なところ
「楽しそう、面白そう!」という興味本位が最初のきっかけでした。
学生時代から働くことが好きで、これから40年間同じ仕事をするなら、
自分が楽しいと思えることをしたい!と考え、テレビ業界を目指し始めました。
就職活動を本格的に始め、人生を振り返った時、
自分の価値観が変わったある番組との出会いを思い出しました。
MBS「情熱大陸」で乃木坂46の齋藤飛鳥さんに密着している回を見て、
今までにない感銘を受けました。
私と同い年であるにもかかわらず、トップアイドルグループのセンターとして活躍し、
悩みや苦労を抱えながら多忙な日々を送る姿を見て、
自分の悩み事なんてちっぽけなんだと気付かされ、気持ちが軽くなりました。
他にも、バラエティ番組を見て嫌なことを忘れ自然と笑顔になったり、
ドキュメンタリー番組を見て感動し自分の生き方を見つめ直したり、
テレビを見て助けられたことが何度もあります。
その恩返しとして、今までテレビが私に与えてくれた笑いや感動を、
今度は自分が与える側になりたいと思い、テレビ業界で働こうと決意しました。
大学時代は経済学部に通っており、この業界とは全く縁のなかった私ですが、
毎日楽しく、一日一日を大切にしながら働いています。
自分が提案したことが採用された時や、自分が撮影した映像が放送された時には、
今までにない喜びを感じました。
これからは、誰かの人生に影響を与え豊かにできるような番組を作る、ということを目標に
頑張っていきたいです。
たった一度きりの人生、後悔したくないから、私は好きなことを仕事にしました。
この文章を最後まで読んでくださった貴方、
自分の夢や目標を、私と一緒に叶えてみませんか?

アシスタントディレクター 稲垣里彩

スタッフ紹介の目次に戻る 次のスタッフの紹介ページ